弊社は、昭和22年(1947年)2月20日に仙台市内で東北鑿(さく)井工業所として創業以来、 水井戸・温泉井戸の開発や改修および維持管理を主とする水事業、土木・建築構造物の基礎地盤調査を主とする地盤事業、そして国民の生命・財産を保全する 地すべり対策事業の3事業に取り組んで参りました。その間、東北管内の大変多くのお客様にご愛顧を頂き、永年存続が遂げられております。 これまでのご厚情に社員一同心より感謝申し上げます。
  さて、弊社は創業から72年目をスタートいたしました。弊社では次の世代が迎えることになる創業100年に向けて、現在、本格的に社内改革を実行しています。 そのポイントは以下の2点です。
  1.社員の意識改革を推進する
    これは今、国が主導的に進める働き方改革を弊社でも実行するためのもので、先ずは社員自らが創業期からの      古い考え方を改め、これからの時代に適合した考え方を身に付けるよう活動するものです。
   2.事業の主軸を『メンテナンス』とする
     現在、地盤事業と水事業を主軸に複合型の経営をしていますが、これらを「メンテナンス」というキーワード
     で融合し、ここに近い将来、経営の主軸となるであろう「新規開発事業」を投入し、組織一丸となって「メン
     テナンス事業」に取り組み始めています。
このように弊社は次の時代を見据えて、将来にわたってお客様に必要とされる企業であり続けるために経営の舵を徐々に切って参ります。今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

熊谷社長
2019年1月
東北ボーリング株式会社 代表取締役 
熊谷 茂一
Shigekazu Kumagai

小学校へ寄贈した防災井戸

経験豊富な水事業と地盤事業を通して、地域社会の発展、地域の安心・安全の確保、環境保全に

貢献し、もって地域社会から必要とされる企業であり続ける

  

お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、情報セキュリティ基本方針を定め、当社の情報セキュリ

ティに対する取り組みの指針といたします

情報セキュリティ基本方針の詳細はこちら

Copyright 2012 TOHOKU BORING CO.,LTD