地盤情報活用システムのご案内

 弊社ではお客様の地盤情報の有効活用を目的として、地盤情報活用システムの販売を開始いたしました。 今回ご案内する地盤情報活用システムはジーエスアイ株式会社で開発したGISソフトを利用し、お客様所有の地盤調査結果(地盤調査報告書ボーリング柱状図、その他)を簡単に登録することが出来ます。
 また、地盤情報の追加登録のほか、写真・図面などの登録についても弊社担当部署で行います。
 地盤情報活用システムは簡単な操作で使える、安価で軽量なGISソフトです。

ボーリング柱状図データを一元化

地盤情報システム画面

公開されているボーリング柱状図データ及び、社内に蓄積されたボーリング柱状図データを一元的に管理できるWebGISシステムです。
サーバとなるPCに本システムをインストールすれば、ネットワークに繋が っているPCのWebブラウザから閲覧・編集することができます。
登録されたボーリング柱状図データは地図上に表示されます。

システムの概要

地盤情報システム画面

本システムは、社内に蓄積されたボーリングデータ、報告書、写真を一元的に管理することができます。
ボーリング柱状図データだけではなく、任意のオブジェクト(点、線、ポリゴン)を登録し、閲覧・検索することが可能です。
各オブジェクトには任意の項目を設定することが可能なので位置情報付きのデータを地図上で整理するのに便利です。

※登録したボーリング柱状図データは地図上に分布図として表示されます。
ボーリング柱状図を選択するとボーリング柱状図情報がポップアップ表示されます。 ボーリング柱状図は印刷することができます。

登録したボーリング柱状図データは検索を行うことができます。検索可能な項目は、緯度経度、発注機関、事業・工事名、調査名、ボーリング名、調査位置住所、調査会社名称、孔口標高範囲、総掘進長範囲、土質試験結果です。

断面図表示

地図上で任意の断面線を作成し、付近のボーリング柱状図データを投影した断面図を表示することができます。

任意オブジェクトデータの登録・検索・閲覧

任意オブジェクト(点、線、ポリゴンデータ)をシステムに登録し、検索・閲覧ができます。
各オブジェクトには任意のデータ項目を設定することが可能なので、幅広く活用いただけます。
オブジェクトデータはCSVファイル形式なのでExcel等で簡単に作成できます。
地図上に表示されたオブジェクトデータをクリックすると、オブジェクト情報がポップアップ表示されます。

システムの特徴

  • システムは軽量で表示速度が速い
  • データベースを使用しないため、インストールが簡単・メンテナンスが簡単
  • 社内ネットワークで簡単操作

お申込み・お問い合わせ
販売価格:地盤情報活用システムVer2.0(基本料金)………………¥300,000円(税別)
東北ボーリング株式会社  技術管理部 芳田・菊地 まで

★3次元地形モデルのご紹介はこちら

Copyright 2012 TOUHOKU BORING CO.,LTD